第6回 『水上ハウス』
オランダって英語で Netherland 「低い土地」って言う意味なんです。
なんと国土の1/4が海抜0m以下なので道路より
高いところに運河や船が走っていたりします
だから昔から水害に悩まされてきたんです

今ではオランダ人にとって運河と水は切っても切れない関係です
ちょっとオランダの田舎を小船で探索してみましょう

運河沿いには家もたくさんあります
もちろん交通の手段としてボートを利用しています
よーく見ると どの家もとても素敵なんです
ちょっと進むと家が運河の中に建てられて、、、??

いえいえ ボートを家代わりにしているんですね
船酔いしないかなあって心配になります
水上に生活している人の家です
なんと2階建ての豪邸です

住所は船の係留ロープが地上に
張られている場所らしいです

100mの長いロープだったらどうなっちゃうのかな
ボートの上にレンガ張りの素敵な平屋を
建てちゃうなんて
買い物用?のオレンジのボートがまた可愛いですね
もうちょっと進むと釣りをしている人や
高級そうな家並みが近づいてきます
この辺はボートじゃなくてクルーザーだ〜〜!!
家と家の間にある鉄柱は何だと思いますか?



実はこの家みんなプカプカ運河に浮いているんです
家は鉄柱に固定されて浮いているんです


だから絶対に水没しないですね(笑)

低地国オランダならではの信じられない一こまでした
ヨーロッパの風     HOME