第27回 『パリ郊外 フォンテーヌブロー宮殿編』
今日はパリ郊外にご案内します


ようこそ、フォンテーヌブロー宮殿へ
パリの南東65kmにある
1万7千ヘクタールに及ぶ広大な
森の中にフォンテーヌブローの宮殿があります。
フランス屈指の広さと美しい宮殿は
600年にわたり29人の国王が好んで訪れた場所です。
美しいお庭です。
何時間でもぼっーとしていたいです。

あまりにも広いので馬車で見学の方もいます。
馬車もいいけどのんびり歩きたい気分!
アイスクリーム屋さんもおしゃれ♪
本当に広い庭!
落ち葉もすごいんだろな?



余計な心配。
それぞれの庭に名前がついていました。
イングリッシュガーデンとか??



他が思い出せない!
天使が!



素晴らしい

こちらにも天使像!
モノグラムも素敵!
王家御用達の狩猟場だった
フォンテーヌブローの森に建つこの宮殿正面の階段は
馬の蹄鉄を意識して作られています。
フランス革命後宮殿に住んだのは
ナポレオン・ボナパルトでした。


ヨーロッパ遠征のつかの間の憩いを
この宮殿に求めたようです。
歴史を感じさせるお城です。


色々なストーリーがあり
マリーアントワネットもベルサイユ宮殿から
遊びに来ていたらしい、、。
フランス的
ここはなんだろう?!
まさか、、、。
ナポレオンも愛したお城!
また逢えるといいね。

お城めぐりの後はスープで
お腹も一杯!






さあパリにもどりましょう!







ヨーロッパの風     HOME