第19回 『イギリス浪漫紀行??』

イギリスに行く事になりました
どんなアンティークに出会えるか期待して♪

ドイツからイギリスへは車でまずオランダに入ります
日本の国道で他県に入る感覚です
そして1時間後にオランダからベルギーに
ここでも何のチェックもありません
そして3時間後にベルギーからフランスに
ここまでずっと高速道路
やっとフランスのカレー(Calais)に到着

往復のチケットを買ってパスポートチェック後
ドーバー海峡を渡ってイギリスに入ります♪
車はこのトンネルを走る列車に収納します
イギリスへは車を運転して渡れません
フェリーか列車に車を積んで行きます

ここから電車のホームに下りていきます
そして駐車場に入れる感じで列車に入ります
列車の中は冷房が効いていて快適
車の窓は安全の為に開けておきます

しばし車の中で仮眠zzzz〜
私の車が最後列
夏休みなのにガラガラ状態
ウトウトし始めたら もうイギリスに到着!!
あっと言う間の30分です

ホームを上がるともう高速道路
さあ西へ向かおう!!

Gloucesterのアンティークセンター
期待して行ったけどかなり期待外れ

イギリスのアンティークモールは委託販売が
多いので値引き交渉は殆どできませ〜ん
それでも現金だと10%くらいまでの値引きがOK
クレジットカードだとお店が手数料をカード会社
に支払うので値引きしてくれません
アンティークの看板を見つけたら
車を止めてチェックします

でもお目当ての物はなかなか出会えない
コッツウォルズに到着しました
街を歩いているだけで風景に癒されます
良く見るとこのショップ傾いていますよね

コッツウォルズはとにかく値段が高いです(*_*)
ほとんどのお店はオークの家具などが中心でした

それとアンティークとリプロダクション品がミックス
されて売られていてちょっとビックリ!!
外からディスプレイを見ているだけでも楽しいです
ここはフレンチテイスト

イギリスでもフランスやドイツからの物が結構あります
このショップはかなり有名ですよね
レジの横には日本の雑誌のコピーが、、、
コッツウォルズでは小さな村の
ショップが絶対にお薦めです♪

こんな感じのショップのオーナーにお薦めショップ
を聞くと紙に住所を書いて色々教えてくれます

きれいにディスプレイされていないショップ
の方が思わぬ掘り出し物が見つかる可能性大
宿泊はB&B 快適です
今回の宿は1泊だけお化け屋敷がありました(^^)
朝食はどこのB&Bもだいたい同じです
野菜が欲しい

Tetburyに行ったらここ「The Two Toads」
に入って下さい♪
紅茶もスコーンも美味しかった!!
Lacockにある石鹸屋さん
ドアの上下が別々に開きます
お店の前を通ったら素敵な香りに誘われて
入ってしまいます
手作りのラベンダーの石鹸
まるでケーキのような石鹸
お店の前にさりげなく置かれたシャビーなベンチ
バス停も絵になるな〜
玄関に埋め込まれた時計
時間通りに訪問しないと大変だ〜
屋根のこけ
絶対に作り出せないですよね
こんな所ばっかりに観察してしまいます(笑)
これもこけ
全体がこけ
コッツウォルズ散策で発見した事
それは路地裏の素晴らしさ
そうそう こんな場所
躊躇しないで入ってみて扉を開けてみる
表通りには無い素晴らしさを発見できます
イギリスはやっぱり「ローズ」
どの家もローズがたくさんあります
どうですか これ

入る時はローズの棘に気を付けて下さいね
Ryeにはアンティークショップがたくさんあるけど
ほとんどがリプロダクション品だったりする

良かったのはこのショップくらい
アン・リンガードさんが引退して少し引き継いだそうです
コッツウォルズよりは安いです
さてと 海の下を通って帰るのか
とても不思議な感じ
今回一緒にドーバー海峡を渡った商品で〜す
ヨーロッパの風     HOME