第1回 『ププヒェンさん宅訪問』
ここはドイツにあるププヒェンさん(Puppchen)のお宅です
今日はちょっとお部屋をのぞかせてもらいましょう

昔の足踏みシンガーミシンがアクセントの編み物専用の明るいお部屋


奥には更に2つのアンティークミシンが見えますか
ここがキッチンです うぁ〜って叫んじゃいそう
やっぱり何と言ってもクッキングストーブですね
この存在感はなんとも言えません
コッパーモールドがマッチして本当にいい味出しています
クッキングストーブの横のブルーのホーロー石油缶がすごくおしゃれじゃないですか
真っ赤なホーローのヴェック缶は小麦パンを作る時の必需品だったんですね 温度計で中の発酵温度を調整します
今でも現役ですよ
何を作っているのでしょうか??
ブルーのスケールが壁紙にマッチしていませんか?
それにしても昔のキッチン道具が大切に使われていますね
カップボードには陶器のセル缶、赤い蓋のTIN缶が、その横にはバランススケールが見えます
ブルーの石油缶もちょっと顔を出しています
ププヒェンさんは今年○○歳になるのに今でもとっても元気です






ちょっと恥ずかしがり屋のようですが、、、  ププヒェンさんをご紹介しますね



ホーローのベイスンに入れられた美味しそうな食材と一緒にハイ チーズ!!


あれれ??
なんかおかしいですか??


ププヒェンさんが??   なんか変??
ププヒェンさんって   


そう小さな人形なんです

今までご紹介した写真は全てミニチュアなんです

ビックリしました??
ププヒェンさんも身長は10cmくらいです
ドイツではこのようなミニチュアのコレクターがたくさんいるんですね
私もキッチンのライトにはビックリしました

ちなみにププヒェンさん(Puppchen)ってドイツ語で『小さい人形』のことなんです


最後にププヒェンさんの娘さんも紹介しますね



ヨーロッパの風     HOME